School Aid Japan(SAJ)
トップページ SAJとは 支援国について 支援内容 活動内容 スタッフ報告 支援実績 SAJ概要 会計報告 寄附のお願い お問い合せ

あなたの寄附は全額届けられます

 スクール・エイド・ジャパンのホームページを訪ねていただきありがとうございます。スクール・エイド・ジャパンは、2001年、特定非営利活動法人(NPO法人)として活動を始め、開発途上国の子どもたちのために、様々な活動をさせていただいております。詳しくはそれぞれの項目をご参照ください。
 2009年4月「公益財団法人School Aid Japan」(以下公益財団SAJ)が内閣総理大臣から認定され、NPO法人の全事業を引き継ぎました。これにより長年の懸案だった「寄附者様への税金控除が出来る団体」になりました。この団体の特徴は、「明朗会計」です。1円残らずオープンにした会計報告をご覧ください。

  私たちは、「人間性を向上させること」は、社会で生活するすべての人に共通する使命であると信じています。
 また、人は「遺伝」によって与えられた「それぞれの美しい資質を磨き高めるために生まれてきた」と私達は考えます。人が「人間性を高めるために生まれてきた」ならば、「教育」は、「人間性を高めるために」人が為す最も重要な事業であると考えることができます。
 しかし、不幸なことに、世界、特に開発途上国では戦争や紛争・飢餓・貧困などを理由として基礎教育を受けられない子どもたちがいます。彼らは、教育の機会に恵まれないため、自身に備わったすばらしい能力に気づく可能性に乏しい状況におかれていると考えられます。
 また、先進国においても、多くの子どもたちは何のために勉強をするかを意識しておらず、必ずしも適切な教育が子どもたちに提供されているとは言えません。
 このような背景に鑑みて、私たちは「一人でも多くの子どもたちに人間性向上のための教育機会と教育環境を提供する」ことを目的として、世界中の子どもたちを対象とした教育支援活動と就労支援活動を行います。
 私たちは、一人一人の子どもたちの資質をそれぞれに磨いてあげることこそ大切であると考えています。子どもたちの夢を育み、健全な成長を促進するとともに、将来、自身に備わったすばらしい能力に気づき、それを伸ばし、そして、社会に貢献できる子どもたちを育成することを目標にしたいと考えています。
 これらの活動を通して戦争や紛争、飢餓、貧困のない平和な世界を築くことに寄与していこうと思います。
 してあげるではなく、させていただく、学ばせていただく、そんな素敵な活動へのご参加を心よりお待ちします。

平成25年4月1日

代表理事 渡邉美樹
公益財団法人 School Aid Japan
代表理事 渡邉美樹

Copyright (C) School Aid Japan All Rights Reserved